妊娠線 水着

妊娠線はお腹以外にもできるのでチェックが必要!

妊娠線ってお腹だけケアをすればいいって思っていたりしませんか?

 

妊娠線(ストレッチマーク)は、皮膚が伸びて限界に達すると、亀裂が生じるのですが、
それは、お腹だけではないんですよ!

 

お腹が一番目立つ

 

お腹にできる妊娠線を、一番、多くの女性が気にしている個所だと思います。

 

胎児の成長とともに、お腹がとっても大きくなりますよね

 

臨月には、かなりお腹がせり出してきて、妊娠中は妊娠線できなかったという人も、
出産まじかに、いきなり、妊娠線が出没したって話も聞きます

 

妊娠後期は、かなり入念に妊娠線ケアしておくほうがいいってことです!

 

いっきに大きくなるお腹のために、妊娠線ケアはお腹だけしていたという妊婦さんも多いんですが、これは間違いなんですよ!

 

お腹以外に妊娠線はできる

 

お腹に妊娠線(ストレッチマーク)ができなかったので、安心していたのに、違うところに発見してショックを受けている人も少なくありません

 

たまたま、鏡でみて、「なにこれ!こんなところに線が!!」って愕然とします

 

 

お腹以外で、よく妊娠線ができるのは、お尻や太ももです
さらに、気づかないことろでは、胸や二の腕、ひざ裏などもあります

 

これは、妊娠を機に体重が増えることで、皮膚が追い付かないためにおこるんです

 

全身ケアしていた人も、していなかった人も、
産後、お腹に妊娠線ができていなくても、全身を鏡でチェックしたり旦那さんにみてもらうなどして、妊娠線がほかにできていないかみてみるといいでしょう

 

「え〜!!!まじで!!」ってところに出没していることがあります。
普段、前側は鏡で見ることができますが、背中側は鏡でも見にくいですから、見落としがちですよね

 

知らないで水着・ビキニを着ていて、実は、妊娠線をさらけ出していたってことになりかねませんからね