妊娠線 水着

体重増加が妊娠線をふやすわけとは?

妊娠中の体重のコントロールはけっこう大変ですよね

 

私なんて、食べづわりがあったので、とにかく何か食べていたい!って日々を送っていたので、妊娠初期で、すでに体重が増えてしまい、産婦人科の妊婦健診でも、体重が急激に増えすぎって注意をうけました。
(つわりがひどい人は、やせてしまう人も多いんですけどね)

 

でも食欲を抑えたくても、難しいんですよね

 

で、結局、最終的に12kg体重が増えてしまいました・・・。

 

こんな感じなんで、妊娠線(ストレッチマーク)がばっちりとできたんだと思います

 

体重が増えると妊娠線ができるわけ

 

いままで以上に急激に太ってしまうと、皮膚が追い付かなくなってしまいます。

 

もともと、奥のほうにある細胞組織は、伸び縮みがしにくいのにもかかわらず、皮膚が引っ張られてしまうと、そりゃ切れてしまいますよね

 

切れてしまったのが妊娠線です!

 

なんで、徐々に体重が増えると、皮膚自体も少しずつ少しずつ伸びるので、いきなりピキッと切れることは少なくなります。

 

出産予定日の1か月前後くらいから、赤ちゃんはとっても大きくなってくるので、そのあたりを見越して体重のコントロールをしていく必要があるんです。(妊婦健診でも言われていましたが・・・)

 

でも、私はそんな知識なかったんで、体重が増えるのは仕方ないやん!って思ってました。

 

体重より、赤ちゃんがちゃんと育っているほうが大事やん!って。

 

その気持ちがいけなかったんですよね・・・ 妊娠線ばっちりできちゃいました

 

この汚いスイカの妊娠線をみるたび、後悔ばかり・・・

 

 

体重コントロールができている人もたくさんいて、5kgくらいしか体重が増えなかったってママもいるくらいですから。
(赤ちゃんや羊水なので、出産時は、5kgくらいすぐに減るので、実質、体重増加なしってことですもんね!)

 

産後も要注意

出産して、毎日育児でつかれますよね
母乳をあげていると、お腹もとってもすくんで、どんどん食べたくなりますよね

 

でも、これは本当にキケンです!
母乳をあげているときは、まだいいのですが、
授乳が終わると、いっきに激太りすることがあります。

 

こうなったら、妊娠線(ストレッチマーク)がさらに増えてしまいますよ!

 

妊娠中に食事に気をつけるように、産後も規則正しく食べるようにするだけで、かなり体重増加を防げますし、赤ちゃんとの散歩を日課にすることで、適度な運動もできていいのではないでしょうか

 

これも妊娠線ケアにつながりますからね

 

適度な運動をして体を動かしていることで、水着を着るスタイルも維持できますよ
日々の積み重ねって、後々、結果が見えてきますからね